平和統一祈願 国土自転車縦走企画

 2013年8月10日(土)、平和統一祈願 国土自転車縦走企画に宮城教区(仙台教会)からも参加してまいりました。

一関教会の玄関からスタート 登り坂

 一関教会から第一走者、スタート。この日、宮城教区は、一関教会から大衡あたりまでの60kmを担当。
スタート後の15kmは一番低い所と高い所では80m程の高低差があり、登り坂が多い区間でした。

会場の様子 会場の様子

 20代の青年二世は30km走り、40代と50代の壮年は15kmで交代。
30kmを走り、後半30kmを走る壮年ペアと交代。

徳野英治会長 講演 徳野英治会長 講演

 後半30kmは、若干のアップダウンはあるものの、わりとなだらかな道でしたが、徐々に気温があがり30℃を越えてきました。
 後半を担当した壮年ペアは、どちらも日頃から自転車が好きでよく走っていて、様々な自転車イベント、レース等にも参加しているベテランロードランナーでした。
 少し、走り足りないようでしたが、平和統一のこの尊い企画に参加できて、役に立てて大変光栄であり感謝だったようです。

山形教区と合流、バトンタッチ 勝利を祈願して億万歳

 一関教会から60.2kmの地点、コンビニの駐車場で山形教区のお出迎えに逢いました。
簡単に、説明を受け、また教区長から一言、み言を受けて出発。バトンの代わりになっている白と黒の自転車を山形教区に渡し、宮城教区としての責任を果たしました。 今後も全教区が繋いで、無事、下関港まで、そして韓国まで、真の御父母様の元まで届くことを、更に一日も早く、南北が平和統一されることを祈願してやみません。




 全国の状況を知りたい方は、こちらのサイトをどうぞ