第8回 ピースカップ・ジュニア大会 参加

 2013年3月2日(土)〜3月3日(日)、茨城県神栖市のサッカーグラウンドにおいて全国24チームが参加して行われました。

 ヴィクトリー宮城としては、3回目の大会参加。今回、昨年初参加された大阪、神戸、富山などのチームは参加されず、やや少ない参加数でした。

 昨年ほどの雨は降らなかったものの、前夜の雨でややぬかるんだ足元、また風がものすごく強く、寒い状況でした。一日目は3チームずつ8グループに分かれての予選リーグ。2日目は予選グループの1位同士、2位同士、3位同士でのそれぞれのトーナメント。 一試合目は、毎年上位が常連の群馬G−ライトニング。とても対抗できる相手ではないと思い込んでいたのですが、終わってみれば3−3。相手がかなり前のめりになっていた隙をついてのカウンター3発。キャプテンのハットトリックでした。 二試合目は勝ちたかった相手。昨年、大会初勝利をあげたFC長野チョンソン。昨年のリベンジに燃えていたのか・・・。いや、たぶん、スケジュールの問題??? 45分インターバルの2試合目の我がチームと、初戦という体力面の差が明らかに表れた試合。 先取点を奪ったものの、全く走れず1−3の逆転負け。群馬VS長野は6−0で群馬の大勝。ヴィクトリー宮城はグループ3位でした。

二日目。初戦は、横浜ユナイテッド。やや押された試合でしたが、両チーム無得点の0−0。3人ずつのPK戦の末、0−1の惜敗。 二戦目は、大宮ファイヤーボルツ。こちらは何度か決定機を作るも得点を奪えず、またも0−0からのPK戦。相手はキックの精度が高く、PK戦では完敗の0−2。 最終戦は、23位か最下位かをかけた試合、ピースリバー足立戦。2日間で5試合目の疲れた中にありながら、今までの重い体がどこにいったのか、元気よく走り回り、3−0の快勝。最下位は免れ、23位でフィニッシュ。 対戦相手、試合日程によっては、もっと上位に行けたと思いますが、そのような運も実力の内、といいますから、素直に認めたいと思います。 ただ、子供たちにはもっと練習試合を組ませてあげればよかったな、と今頃反省しています。

 子供たちの健闘の証しを写真で紹介致します。
 ダイジェスト動画を見たい方は、こちら



PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城 PCJ大会 ヴィクトリー宮城

 ≪試合結果≫

 1日目

  [グループリーグ]

  一試合目 群馬G−ライトニング
       3−3 引き分け

  二試合目 FC長野チョンソン
       1−3 敗戦

 2日目

  [3位グループのトーナメント]

   ・● 0-0 vs 横浜ユナイテッド
     PK戦  0-1 敗戦
   ・● 0-0 vs 大宮ファイヤーボルツ
     PK戦  0-2 敗戦
   ・○ 3-0 vs ピースリバー足立  勝利(^^)v

 最終結果

   ・24チーム中 23位