伊達 政宗


伊達家


  • 伊達家の家紋

    《家紋》

    竹に二羽飛雀/竪三つ引両/九曜
    (藤原氏山陰流)
    奥州の戦国大名として、圧倒的な強さをみせた伊達氏は藤原氏で、魚名流山陰中納言の後裔といわれる。 藤原山蔭の子孫朝宗が、源頼朝の奥州征伐に際し、四人の子供を従軍させ、その戦功によって伊達郡を頼朝から与えられ、伊達を称したのがそもそもの始まりとされる。  朝宗の本領は常陸国中村であったから、中村氏あるいは伊佐氏を称していたという。  朝宗の長男為宗は、常陸の本領をそのまま受け継いで、次男の宗村が伊達領の方を受け継いで伊達氏二代となったと伝えられる。
  • 伊達氏、戦国大名へ

     14代目稙宗の陸奥国守護職就任により、東北政治史は一代転回をみせ、大名間の力関係が大きく変わることになりました。
     稙宗は天文五年、分国法である「塵芥集」を制定した。いうまでもなく、戦国大名として力強い一歩を踏み出したのであります。
     15代目晴宗のときに居城を米沢に移しています。これは、伊達氏がさらに領国を北へ拡大しようとする意図の表われであり、また、最上氏の進出を牽制しようとするものでありました。

     ところで稙宗・晴宗の二人で注目されるのは、子女がきわめて多いということであり、また、その子女を有効に配しているという点である。 稙宗は、大崎・葛西・相馬・葦名・二階堂・田村といった近隣の大名に婿入り、あるいは嫁入りさせており、 晴宗も、岩城・留守・石川・国分・二階堂・佐竹に入れている。戦国時代にあっては、婚姻政策が特に重視されるが、同名関係を結ぶに当たって多くの子女がいることが、これほど有効なものであったかと、改めて驚かずにはいられません。

     なお、晴宗のときに「采地下賜録」とうものが作成されたが、これは、配下の家臣に知行判物をいっせいに発給した際の控えであり、この段階で家臣団の統制と把握が一段と進んだことを物語るものである。  16代目輝宗は天正十二年、家督を子の政宗に譲ったが、翌年畠山義継の奸計に陥り阿武隈河畔で命を落とし、政宗の活躍が始まるということになります。

     政宗は、天文十三年佐竹・芦名氏の連合軍と戦い、次いで天文十六年には大崎氏、翌年は芦名義広、続いて二階堂氏・石川氏・岩城氏などを攻めて平らげました。  しかし、奥州をほぼ平定した天文十七年の翌年、秀吉の命を受けて小田原に参陣。危ういところで、本領を安堵されました。  それ以後、政宗は様々な難局を乗り越え、近世大名として生き続けることとなりました。


         引用元(戦国大名家一覧
            http://www.harimaya.com/o_kamon1/buke_keizu/html/date_k.html)