プロスポーツクラブ

仙台89ERS 最新ニュース

「あすと長町」にアリーナ 仙台89ERSの本拠地

 スポーツ用品小売り大手のゼビオ(郡山市)など3社は12日、仙台市太白区の大規模再開発地「あすと長町」※ に、大型のスポーツ複合施設 を建設する計画を発表した。男子プロバスケットボール、bjリーグの本拠地となるほか、スポーツ用品販売施設とスポーツドーム棟を整備する。 2012年の全面オープンを目指す。

 立地先は、あすと長町北側の約3万平方b。予定地3区画のうち、北側の1区画には6,000人を収容するゼビオアリーナ(仮称、延べ床面積約1万平方b)を建設する。 89ERSのホームゲームやアイスホッケーの試合のほか、コンサート会場などとして利用する。  南側の2区画には、ゼビオやスポーツクラブなど4店舗が入居するゼビオ棟(約1万9千平方b)と、テニスコートやフットサル場、バスケットコートを備えるドーム棟 (約6千平方b)を建てる。
 予定地は都市再生機構(横浜市)が所有する保留地で、9月に利用事業者を募集。三菱UFJリース(東京)と佐藤工業(同)が共同応募し、20年間の事業予定期借地とすることが決まった。 アリーナとゼビオ棟は、三菱UFJリースがゼビオに貸し出し、ドーム棟は佐藤工業が整備する。 ゼビオはアリーナ分について、仙台市から固定資産税相当額の助成を受ける。
 正式契約は今月下旬にも行われ、ドーム棟は11年11月、アリーナは12年5月のオープンを予定している。  ゼビオの大滝秀雄取締役が12日、仙台市役所を訪れ、奥山恵美子市長に立地表明書を提出した。大滝取締役は「あすと長町は仙台市中心部の南に立地し、福島や山形からの交通の便がいい。 地域の活性化や周辺からの集客につながる施設にしたい」と述べた。
 奥山市長は「スポーツ施設は集客力があり、仙台の元気をアピールできる。この2年間は世界的な景気低迷で地域の土地利用も停滞していたが、今回の立地が新しいステップになると期待している」と語った。
                      河北新報(2010年10月13日)より引用


仙台89ERS (センダイエイティーナイナーズ)

   会社名:     株式会社仙台スポーツリンク

   創  立:     2004年5月2日

   代表者:     代表取締役 中村彰久

   ホームアリーナ: 仙台市体育館

   チーム名の由来: ホームタウンである宮城県仙台市は1889年の「市制町村制」
               施行と同時に誕生し、市制100周年にあたる1989年に政令指
               定都市となりました。
               「89」という数字は仙台市のスタートを象徴する数字。
               新しいプロバスケットボールチームが仙台市に誕生するにあ
               たり、市民と球団が一体感を持てるようなチームでありたいと
               いう願いを込めて、チーム名称を89ERS(エイティナイナーズ)
               と命名されました。

   主な成績:   2005-06シ−ズン 4位 (bjリーグ初年度)
            2006-07シーズン 5位
            2007-08シーズン 東1位 3位
            2008-09シーズン 東3位 カンファレンスセミファイナルで敗退
            2009-10シーズン 東2位 カンファレンスセミファイナルで敗退

   チームスポンサー
       トップスポンサー:
             株式会社 ボディプラスインターナショナル
       ゴールドスポンサー:
             株式会社菓匠三全
             株式会社河北新報社
             カメイ株式会社
             株式会社サークルKサンクス
             七十七銀行
             学校法人菅原学園
             ストリートライフ
             仙台コ・カコーラボトリング株式会社
             タイヤワールド館BEST(株式会社ヤマウチ)

                                      

   「仙台89ERS(Official Website)」へ行く

   「bj.league Official Website」へ行く