祭り・イベント


SENDAI光のページェント

 仙台市都心部の定禅寺通と青葉通のケヤキ並木に数十万に上る数の豆電球・LEDを取り付けて点灯するイルミネーションイベントです。 例年12月12日から31日にかけて行われます。点灯時間は17:30から23:00(31日のみ24時まで点灯)。

 1986年(昭和61年)、『「杜の都」から「光の都」へ』を理念に、市民ボランティアが「杜の都・仙台」を象徴する定禅寺通と青葉通のケヤキ並木にイルミネーションを施したのが始まりである。 例年、定禅寺通は、地上から見れば「光の回廊」となり、ナイトフライトで上空から見れば「地上に舞い降りた天の川」となる(仙台七夕に関連して形容)。

 現在は、定禅寺通の東部の勾当台公園や西端の西公園にもイルミネーションが広がり、様々な付随イベントも行われるようになりました。 そのため、期間中280万人以上の人出がある仙台の冬の風物詩として、全国的な知名度を得るに至っています。

 実行委員会を中心に市民ボランティアが開催するイルミネーション・イベントとしては先駆例であり、かつ、20年以上も市民主体の体制を維持しているため、神戸ルミナリエを初めとする国内やアメリカなど海外からの問い合わせや視察を受けており、イベント運営方法や資金集めのノウハウ等を各地に伝える活動も行っています。

SENDAI光のページェント


電飾法

 仙台の場合は12月にはケヤキの落葉がほぼ終わっているため、幹や枝沿いの他に、枝と枝の間の空中にも電飾コードを渡すことが出来る。そのため「夏季に葉が生い茂っている状態のケヤキの形」のように見える。また、概ね落葉しているために、上から眺めても電飾が見える(暖かい地方では、この時期に落葉し切っていないため、上から見ても葉が邪魔して電飾はほぼ見えない)。 上からの観賞が可能なことによってSENDAI光のページェントは、仙台七夕と関連付けもあって「地上に舞い降りた天の川」との形容がなされ、また、沿道のビルの上階に位置するレストランなどが上からの眺めを売りにした観光ディナーブランを設定したり、セスナ機やヘリコプターによるナイトフライトが観光商品として成立したりしている。

SENDAI光のページェント


電飾される並木道の特性

 この電飾法は、樹木1本あたりの電球数を増加させるため、迫力は出るもののコストが高い。樹木の大きさが異なるが、同様にケヤキ並木に電飾している仙台(2006年)と新潟のNIIGATA光のページェントとを比べると、電飾設置ケヤキ本数が仙台約220本、新潟210本で同程度なのに対し、電球総数は、仙台約70万個、新潟約26万個と、SENDAI光のページェントが3倍近く多くなっている。



                   2010 SENDAI光のページェント公式サイト へ行く。



 引用元:ウィキペディア