祭り・イベント


仙台七夕まつり

 仙台七夕まつりは例年7月7日の月遅れである8月7日を中日として、8月6日から8日の3日間にわたって行われます。 大規模な飾り付けがされるのは一番町や中央通りなどのアーケード街、仙台駅周辺などであるが、それ以外の商店街組織ごとの飾り付けや店舗や家庭など個別の飾り付けなど市内各地至るところに小から大まで合計3000本と言われる飾り付けがなされ、街中が七夕一色になります。 東北三大祭りの1つに数えられ、例年200万人以上の人が訪れます。

 仙台市周辺の自治体各地の商店街などでも同時に大小さまざまな七夕飾りがなされるため、市境を越えて広がりを持つ。 また、国内各地の七夕まつりに影響を与えてきたこともあって首都圏などの企業や駅や空港の七夕飾りを作成する業者も存在しており、その豪華な飾り付けが各地に移出され続けている。

   仙台七夕まつり公式サイト へ行く。

仙台七夕まつり 仙台七夕まつり


七夕かざり

仙台七夕では、7種類の七夕飾りが飾られる。それぞれの飾りに意味がある。

  • 仙台七夕まつり
    ・短冊…学問や書の上達を願う。
    ・紙衣…病や災いの身代わり、または、
         裁縫の上達を願う。
    ・折鶴…長寿を願う。
    ・巾着…富貴と貯蓄、商売繁盛を願う。
    ・投網…豊漁を願う。
    ・くずかご…飾り付けを作るとき出た裁ち
           屑・紙屑を入れる。清潔と倹
           約を願う。
    ・吹き流し…織姫の織り糸を象徴する。

    この内、吹き流しが現在の飾りつけの中心となっているが他の6種類の飾りも諸所に見られる。吹き流しにはくす玉が付く例が多い。
  •  仙台七夕まつり公式サイトに、「みんなでつくろう仙台七夕かざり」(仙台七夕まつり協賛会)という映像がありましたので紹介致します。
     下のリンクをクリックすると映像を見ることができます。

        ・短冊、折鶴(約4分)
        ・紙衣(約6分)
        ・巾着(約3分)
        ・投網(約2分)
        ・くずかご(約1分)
        ・吹き流し(約5分)



    付随イベント

     仙台七夕には秋田竿燈や青森ねぶたのような熱気はなく従来、飾り付けを見て商店街の七夕セールや露店をひやかすというものであったため、「期待外れでつまらない」という感想を持つ観光客が多いとされる。 そのような観光客の不満を解消する目的もあり、以下のような付随イベントが開催されている。

    [ 星の宵まつり ]
     定禅寺通りにて、本祭り期間中の17:00〜19:30に行われるパレード。以前は「動く七夕パレード」と言っていた。踊りに使用される曲は「七夕おどり」と「星の宵まつりサンバ」。 2006年は、conomi(ローカルアイドル)の「CATCH A SHOOTING STAR」が応援ソングとなった(公式・非公式は不明)。人出は3夜合計で15万人以上。

    [ 夕涼みコンサート ]
     勾当台公園の野外音楽堂にて行われる無料の音楽イベント。本祭り期間中3日間連続で昼から夜まで続き、人出は20万人以上に上る。2010年で第27回目の開催。 近年は「Date fm スターライト・エクスプロージョン」という名称が使われていた。
     3日間連続で、昼から夜まで続く。エフエム仙台(Date fm)が開局してから毎年開催しており、2010年で第27回目となる。 開催形式が異なるが、定禅寺ストリートジャズフェスティバル in SENDAIに次ぐ観客を集める仙台市都心部での無料・屋外音楽イベントである。

    [ 七夕ヴィレッジ ]
     勾当台公園の時の広場(円形公園)の出店ブースおよびステージの総称。本祭り期間中3日間連続で昼から夜まで開催される。 ステージでは、ラジオ3(仙台シティエフエム)主催の公開録音やミニライブなど各種イベントが行われる。

    [ 瑞鳳殿七夕ナイト ]
     伊達政宗らの霊廟である瑞鳳殿において開催されるイルミネーションイベント。瑞鳳殿の参道から境内まで、竹灯籠が点される。